エコ・コラム

第7回 環境省主催リユース普及イベント「みんなリユースしてるってよ!」
カテゴリー:横浜市

 こんにちは、横浜市資源循環局3R推進課です。

 今回は、横浜市内で開催される環境省主催のリユース普及イベントについてご紹介します!

 

どんなイベント?

 環境省とリユースに関連する団体や企業が連携して実施するリユースの普及促進を図るイベントです。

 

 当日は、関連団体や企業のPRブースの出展のほか、イベントステージでは、タレント「はな」さんが出演するリユーストークショーをはじめ、3Rをテーマに活動するアイドルグループのミニライブや、若手お笑い芸人によるリユースをネタにしたお笑いライブなどが行われます。

 

 また、横浜市内で新たに展開される「横浜リユースびんプロジェクト」のキックオフも併せて発表し、オリジナルデザインのリユースびんによるご当地ドリンクの試飲も行われます。

リユースって?

 いわゆる「3R」のひとつ(他2つは「リデュース」「リサイクル」)で、一度使用して不要になったものをそのままの形でもう一度使うこと。原語の発音より「リユーズ]と濁って表記されたり、直訳して「再使用」と言われることもあります。

 

具体的には、タンブラーを持ち歩くようにしたり、フリーマーケット(最近ではフリマアプリも増えてきましたね)を利用したりすることで、繰り返しものを使用することで廃棄物を減らす行動のことです。

 

(参考)

エコ・コラム:第5回 エコスタイル生活のススメ

キッズページ:第2話 ごみを減らすアイコトバ「3R」

 

横浜リユースびんプロジェクトって?

 「消費者にリユースびんであることを明示的に知らせる工夫を凝らすことで、使い捨てが当たり前になりつつある飲料の使い捨て容器を減らそう!」という試みです。

 「リユースびん×地産地消」

をコンセプトに、検討段階からご当地ビールやご当地サイダーなどの飲料製造メーカーを交えて、飲料の製造から販売→回収→収集→洗びん→再利用(再び製造)までを神奈川県内の各事業者で完結するようになっています。

 2月13日(月)から横浜市内の一部飲食店等での提供が試験的にはじまることから、このイベントにてキックオフが行われます。

 reusebottle

おわりに

 リユースは、リサイクルに比べて環境への負荷が少ない行動です。しかし、分別・リサイクルに比べるとまだまだ浸透していない取組であることから、資源問題や環境問題を考えるうえで、キーワードになってくるでしょう。

 このイベントを機に、多くの方に「リユース」についてご理解いただければと思います!

イベント概要

イベント名:リユース普及イベント「みんなリユースしてるってよ!」

日時:平成29年2月12日(日)11:00~15:35

場所:クイーンズスクエア横浜1階イベントスペース「クイーンズサークル」

  (横浜高速鉄道みなとみらい線 みなとみらい駅から直結)

   神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3

主催:環境省

協力:一般社団法人 日本リユース機構

   横浜市資源リサイクル事業協同組合

   一般社団法人 情報機器リユース・リサイクル協会

   株式会社 アンカーネットワークサービス

   株式会社 メディエイター

 詳細は、環境省及び横浜市資源リサイクル事業協同組合の報道発表をご覧ください!
http://www.env.go.jp/press/103571.html(環境省報道発表)
http://www.recycledesign.or.jp/blog/?p=1326(横浜市資源リサイクル事業協同組合報道発表)

カテゴリー一覧

ページトップへ戻る