Q&A検索

Q&A内容

Q6003
中間処理業者において再生されている場合、マニフェストの「最終処分を行った場所」はどのように記載すればよいですか?

廃棄物処理法でいう最終処分とは「埋立処分、海洋投入処分又は再生をいう」とされ、中間処理業者とは「発生から最終処分が終了するまでの一連の処理の行程の中途において産業廃棄物を処分する者をいう」とされています。(法第12条第5項)
しかし、産業廃棄物に破砕、分別、蒸留、溶融等の処理を加えて再生する産業廃棄物処分業者の事業の区分は、最終処分業ではなく中間処理業(再生を含む)とされています。
従って、再生後に残さが発生せず全量再生利用される場合は、当該産業廃棄物処分業者の事業の区分が、中間処理業(再生を含む)であったとしても、当該中間処理業者が最終処分(再生)を行ったことになりますので当該中間処理業者の施設の所在地を「最終処分を行った場所」として記載してください。

このQ&A検索は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 52 人中 32 人がこの Q&A検索 は役に立ったと言っています。
このQ&Aは役に立ちましたか?
上記内容で問題が解決した。 解決できなかった

ページトップへ戻る